大切な家族のもしもに備えるペット保険

大切な家族のもしもに備えるペット保険

家族同然に暮らしているペットは、室内飼いで大切に育てられていることもあり長生きになりました。
現在ではその長生きから、ペットは人間と同じような病気を患うこともあります。
そんな時に役立つのがペット保険です。

加入時のペットの年齢やペット保険での保障割合によりますが、月数千円の負担でペットの万一の時に医療費の多くを保険で賄うことができます。
人間なら健康保険制度がありますので、任意保険に加入しなくても3割程度の負担で済みます。高額になった場合にも負担の上限がありますよね。ですがペットの場合ですと、当然ですが全額負担ですので驚く程高額の医療費を支払わなくてはいけません。

入院ともなると、1日あたり入院費だけで1万円程かかりますから、その金額は小さなペットといえど人間と変わらない負担です。

長生きすることであり得るのは病気で手術することですが、まだ若いペットによくあるのがケガです。そんな時にはペットの傷害保険ですね。
場合によっては手術をしなくてはいけないくらいのケガの場合、一回の手術代と入院費で10万円くらいかかることもあります。

月数千円でもしもの時に備えることができたなら、いざという時にお金の心配をせずに安心して治療を受けることができますね。

最新記事

  • 2016年05月19日

    ホームページを更新しました。

PAGETOP